書名、著者、出版社などで検索

2017.07.02

Facebookページ他、天牛書店SNSアカウントのご案内

2016.05.02

天牛書店ポストカードの通販を開始しました。

2011.11.05

Googleマップに天神橋店内写真が公開されました

2011.10.13

HPリニューアルと送料形態変更のお知らせ

2011.10.12

HP掲載商品について、ご来店頂ける際のご案内


※写真をクリックすると拡大表示します。

書名

モンタヌス「日本誌」
オランダ語版初版

著者

Arnoldus Montanus

出版社

Jacob Meurs

出版年

1669年

分類

外国書 > 古典籍

No.

156293

冊数

1冊

言語

解説

総革装 少シミ
少破れ(補修あり)
少虫損あり
概ね美本
見開き挿絵25葉
他図版多数
32×21cm
456ページ
蘭文

価格
(税込)

1,300,000円

解説文

17世紀のオランダ人牧師アルノルドゥス・モンタヌス(1625-1683)の主著「日本誌」オランダ語版初版(原著)。自身は日本を訪れることのなかったモンタヌスが、過去に著された日本関連の記述や、実際に日本に足を踏み入れたオランダ商館員・使節らによる報告文書等をもとに書き上げた「日本誌」は、当時鎖国下にあった「日本」を総合的に描き出し、ヨーロッパに広く知らしめた重要な著作。
見開きを使った大判図をはじめ全編に多数散りばめられた銅版挿絵は、伝聞に頼ったために想像や勘違いを含んだ本文の内容と同様に、およそ日本とは認めがたい奇妙なイメージに満ちており、地図や風景、風俗図のみならず戦争や天変地異といった事件をスリリングに活写した場面など、尽きせぬ興趣にあふれたそれら一点一点が、より本書の魅力を際立たせています。

原著タイトル:Gedenkwaerdige Gesantschappen der Oost-Indische Maetschappy in't Vereenigde Nederland,aen de Kaisaren van Japan

[画像:1-本体表紙 / 2-本文扉 / 3-銅版挿絵「大仏図」]

LINK-動画での紹介はこちら。

※関連在庫:近世東洋旅行誌
メンデス・ピント「東洋遍歴記」
トーレ「聖ザビエル伝」

関連リンク

・同じ作者の在庫一覧
・同じジャンルの在庫一覧
・同じ出版社の在庫一覧