書名、著者、出版社などで検索

2017.07.02

Facebookページ他、天牛書店SNSアカウントのご案内

2016.05.02

天牛書店ポストカードの通販を開始しました。

2011.11.05

Googleマップに天神橋店内写真が公開されました

2011.10.13

HPリニューアルと送料形態変更のお知らせ

2011.10.12

HP掲載商品について、ご来店頂ける際のご案内


※写真をクリックすると拡大表示します。

書名

海岸備要(内題:海岸砲術備要) 全5冊揃 江戸後期・幕末 海防・兵学書

著者

ゲルリット・
ハンゲントルレン著/
本木正栄訳
布川通璞校

出版社

山崎屋清七他

出版年

1852年

分類

古典籍・近代文献 > 和本

No.

313313

冊数

全5冊

言語

日本語

解説

嘉永5年 墨摺木版挿絵入
4巻表紙・題箋少虫損
概ね美 半紙本(17.5×25.5cm)

価格
(税込)

220,000円

解説文

幕末、ペリー艦隊が来航する直前の嘉永5年に出版された本書は、西洋式の砲術を、大砲の種類、設置法、火薬の調合など、実用に即した形で詳しく解説したもの。
オランダ人ゲルリット・ハンゲントルレンの兵学書を本木正栄が訳し、兵学者布川通璞が校訂を行った翻訳兵学書です。
当時江戸幕府は世界情勢の動きに対応するために、各地に台場と呼ばれる砲台を建設させ大砲の設置に力を入れるなど、海岸の防衛を急務としていました。
我が国の海防史の成り立ちを知る上で興味深い史料です。

※関連在庫
・林子平「海国兵談」
・水陸戦考

関連リンク

・同じ作者の在庫一覧
・同じジャンルの在庫一覧
・同じ出版社の在庫一覧