書名、著者、出版社などで検索

NEWS

2024.06.26

映画『九十歳。何がめでたい』書籍提供

2024.05.21

[画像販売]天牛書店Images特別キャンペーンのお知らせ

2023.12.01

映画『PERFECT DAYS』書籍提供

2023.01.01

江坂本店・天神橋店の営業時間について

2020.02.28

商品状態の表記について

書籍詳細


※写真をクリックすると拡大表示します。

書名

温故東双六 【明治23年 楊斎延一 浮世絵 双六】

著者

楊斎延一

出版社

横山良八

出版年

明治23年

分類

古地図・古図版 > 浮世絵・摺物・画帖

No.

367662

冊数

1枚

言語

日本語

解説

明治23(1890)年 袋付 折り目少裂け 摺普通 経年普通 72×49.5 cm

価格
(税込)

80,000円

解説文

明治時代の浮世絵師、楊斎延一(1872-1944)による絵双六「温故東双六」。
絵双六は、江戸時代中頃に現れた紙遊具で、それまで主流だった盤双六に代わって大いに流行し、江戸時代以降にも長く親しまれてきました。
旅の道程や、歌舞伎役者、子供の教育等、多種多様な題材で作られた絵双六ですが、本作「温故東双六」で扱われているのは、明治時代から振り返った「幕府の年中行事」です。
正月の初登城を振り出しに、四季折々の行事を巡る仕組みになっています。

※関連在庫
・楊斎延一「二重橋楠公銅像」
・おもちゃ絵「新板役者香箱絵」

関連リンク

・同じ作者の在庫一覧
・同じジャンルの在庫一覧
・同じ出版社の在庫一覧

カゴへ入れる